3345076
野生植物写真館 掲示板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
メッセージ中には参照先URLと同じURLを書き込まないで下さい
URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

アケボノシュスラン 投稿者: 投稿日:2018/09/29(Sat) 23:26 No.9093  
宮本さま、こんばんは、また大型の台風が来ています。被害が出ないようにと願うばかりです。そちらではカミガモソウに出会えたのですね。ある場所で探したことがあり幻のように思っていました。
先日、半日でしたがアケボノシュスランの様子を見に出かけました。もう残り花でしたが流れの近くに咲いていました。
また、草刈りされた道沿いには何とかタニジャコウソウも咲いていました。



Re: アケボノシュスラン  - 2018/09/30(Sun) 16:00 No.9094   HomePage

 ayayaさん、こんにちは。アケボノシュスランをありがとうございます。沢沿いの岩に張りつくようにまとまって咲いているようすがみごとです。こちらでは台風は過ぎ去り、日が差しはじめたところですが、これからそちらへ向かうことになると思いますので、十分にお気をつけください。カミガモソウは長崎でも数は少ないようですが、国内には山中の湿地で人知れず生えているところもあるかもしれません。タニジャコウソウはそちらに住んでいるころ、何度か探しましたが、地元では見つからないままでした。

 わたしからはスターチスの仲間、ハマサジを紹介します。先日、島原半島に出かけたとき、有明海沿いの干潟で撮影したものです。この日は海越しに多良岳を望めました。



アオキラン 投稿者: 投稿日:2018/09/14(Fri) 22:42 No.9090  
宮本さま、こんばんは、珍しいそちらの植物を紹介していただきありがとうございます。
台風や雨の日が多いのですがいかがお過ごしですか?
今日も近くのマキエハギやツクバトリカブトの様子を確認に行きたかったのですが出かけられずに過ごしました。
先日、思いがけず連日アオキランに出会うことが出来ました。こんな年もあるのですね。



Re: アオキラン  - 2018/09/15(Sat) 10:02 No.9091   HomePage

 ayayaさん、おはようございます。アオキランをありがとうございます。こちらは小雨もようの朝となっています。災害の多かったこの夏ですが、わたしの住まいあたりはなんとか被害もなく過ごせています。長崎ではアオキランのような中部地方の深山ならではの植物が見れないかわりに、近郊の草原でも稀少な植物を身近に観察できるのがうれしいところです。
 わたしからはボタンヅルを紹介します。センニンソウより花のサイズこそ小さいですが、花弁も萼も雄しべもクリーム色づくしになっているところが魅力的です。



ヒメミヤマウズラ 投稿者:ayaya 投稿日:2018/08/29(Wed) 22:14 No.9088  
宮本さま、こんばんは、いつも、そちらのお花を見せていただきありがとうございます。
知らない名前ばかりです。
先日ミヤマウズラとヒメミヤマウズラの様子を確認に行きました。
ヒメミヤマウズラは今まで出会ったことが無いほど見事に咲きそろっていました。
最高の花時に出会えた日はきっと忘れないかと思います。



Re: ヒメミヤマウズラ  - 2018/08/29(Wed) 22:16 No.9089   HomePage

 ayayaさん、こんばんは。返事が遅くなり、申し訳ありません。ヒメミヤマウズラについては、わたしはポツポツと生えているのしか見たことがなく、こんな群生もいつか見てみたいものです。貴重な写真をありがとうございます。

 わたしからは、先週末、佐世保市内に出かけていたのですが、その際に山あいの水田で撮影したミズオオバコを紹介します。神奈川県では見る機会がないままだったので、ひさしぶりの観察となりました。



スイスの花 投稿者:fu-co 投稿日:2018/08/08(Wed) 11:05 No.9074  
宮本さん、ご無沙汰しています。

先月9日より18日間、五年ぶりにスイスを訪問してきました。
サン・モリッツ、ツェルマット、グリンデルワルト、サース・フェー、シャモニーの5つの町で主に自炊しながらの貸アパートでの節約旅行です。
今度は夫と二人です。
前回、何気なく撮った一枚がキタダケソウそっくりだったので、ヨーロッパにもキタダケソウ(ヒダカソウ)が咲くのかと半信半疑だったのですが、図鑑で確認し、是非もう一度確かめたいと思っていました。
前回見つけた場所にはありませんでしたが、別の場所に咲いていて感激でした!
何しろ、この花は6月中旬頃が一番良いと聞いていたので、半ば諦めていただけに喜びも一入でした。



Re: スイスの花 fu-co - 2018/08/08(Wed) 11:06 No.9075  

どの地域でも一二週間前が良かったようで、今年は日本に限らず、スイスでも開花が早かったようでした。
それでも、会いたかったびっしり咲くピンクのアルピナトチナイソウはあちこちで、日本のトチナイソウの近縁種のアンドロサケ・カマエヤスメもたくさん見ることができました

アルピナトチナイソウです。



Re: スイスの花 fu-co - 2018/08/08(Wed) 11:07 No.9076  

こちらは、日本のトチナイソウの近縁種だそうです。



Re: スイスの花 fu-co - 2018/08/08(Wed) 11:08 No.9077  

続けてもう一つ、サン・モリッツ周辺にもエーデルワイスがたくさん咲いていて驚きました。



Re: スイスの花  - 2018/08/08(Wed) 22:19 No.9078   HomePage

fu-coさん、こんばんは。エーデルワイスをはじめ、ヨーロッパアルプスの花たちをありがとうございます。1枚目の写真はたしかに、キタダケソウの仲間とわかりますね。節約旅行といいますが、ご夫婦でこれだけの高山植物を見れたなら、さぞかし充実した旅行だったことでしょう。わたしもいつか時間がとれたら訪ねてみたいものです。

 わたしからはヤツシロソウを紹介します。去年は咲き残りしか見られませんでしたが、今回はたくさんの花をつけたものを見つけることができました。去年、今年と3回ずつ訪ねた阿蘇ですが、まだまだ宿題となっている植物があり、重ねて訪問したいと思います。



Re: スイスの花 さむ - 2018/08/24(Fri) 23:51 No.9083  

fu-co さん こんばんは
おお、キタダケソウの仲間の花いいですね。
花期が早くてなかなか見られないのですが・・・。


Re: スイスの花  - 2018/08/26(Sun) 19:51 No.9084   HomePage

 さむさん、コメントをありがとうございます。さむさんもまだ、このキタダケソウの仲間を見たことがなかったとは、fu-coさん、めずらしい植物を紹介いただき、ありがとうございます。キタダケソウにくらべると、スマートな印象ですね。


Re: スイスの花 fu-co - 2018/08/26(Sun) 21:19 No.9086  

さむさん、宮本さん、こんばんは。

さむさんの「スイスアルプス植物手帳」はいつもザックに入れて持ち歩いていました。

キタダケソウの仲間は、見頃は過ぎていたようで咲いていたのはこの一角だけ数輪でした。
靴紐を締め直す目的で、偶然腰を下ろしたすぐ傍に咲いていてびっくりしました。
その後は、あちこちを目を凝らしながら歩いたのですが、見つかりませんでした。やはりこの花の個体数は少ないのかもしれません。
スマートに見えるのは徒長しているせいかもしれません。
昨年、出会ったヒダカソウも時期が遅かったのでヒョロヒョロした印象でしたので。

この日は、チョウノスケソウの仲間の大群落に出会いました。
日本で目にする高山植物の仲間に出会うと何だかホッとして嬉しくなりますね。




イイデリンドウ 投稿者: 投稿日:2018/08/11(Sat) 23:08 No.9079  
宮本さん、こんばんは。ご無沙汰しています。

先週、7月末に飯豊山を登ってきました。
稜線に上がるまでの急登が暑くて大変でしたが、それを越すと素晴らしいお花畑が広がっていました。
念願のイイデリンドウは、快晴の空の下、綺麗に開花した数多くの花に出会うことができました。



Re: イイデリンドウ  - 2018/08/11(Sat) 23:15 No.9080  

稜線は晩夏の雰囲気で、タカネマツムシソウがあちこちで咲き乱れていました。



Re: イイデリンドウ  - 2018/08/12(Sun) 10:43 No.9081   HomePage

 ピテカン&カッパさん、こんにちは。イイデリンドウとタカネマツムシソウをありがとうございます。快晴になったおかげで、きれいに開いたイイデリンドウを見ることができてよかったですね。ほかにもヒメサユリやマルバコゴメグサなども見られたことでしょう。わたしが飯豊山地に出向いたのはもう9年前になりますが、新潟県側から汗をかきかき登ったものの、ガスで視界が悪く、風もあって撮影に苦労したのを思い出しました。

 わたしからは、先週、阿蘇で撮影したヒロハトラノオを紹介します。背の高さまで伸びたススキ原をめぐるなかで見つけることができました。機会があれば、ぜひ九州にもおいでください。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
Modified by isso