画像をクリックするとその植物の
  解説画面にジャンプします
マルバテイショウソウ  ハクサンボク  コガクウツギ
ツクシアオイ  イワガネ   ハナミョウガ

そのほかの岩屋山の植物

Home > 各地の花をたずねて > 岩屋山

原生花園 日 光 渡良瀬遊水地 三国山 妙義山 成 東 房総半島 奥多摩
高尾山 三浦半島 丹 沢 箱 根 伊豆半島 三ツ峠山 菅 平 高峰高原
霧ヶ峰 葦毛湿原 佐渡島 医王山 伊吹山 野坂山地 紀伊半島 東赤石山
天狗高原 天 山 九州の沿海地 岩屋山 多良岳 雲仙岳 阿蘇・くじゅう やんばる

岩 屋 山

 長崎市は江戸時代から続く良港とあって、奥深く深度のある湾と、まわりを囲む山々が特徴です。その1つで市街地の北方に位置する岩屋山(標高475m)は比較的登りやすく、市内を一望に望めることから、ハイカーに人気のある山です。わたしにとっては、自宅から歩いて山頂までたどり着くことができ、気軽に出かけられる山でもあります。山の南側は中腹までバスが通っているのでさほど汗をかかずにすみますが、西側の岩屋山神社から歩けば、谷沿いから稜線に上がる多彩な自然環境を楽しむことができます。
 岩屋山は、全体としてはスギの人工林が多いのですが、樹林下では湿った環境でオオサンショウソウイワガネなどのイラクサ科の植物やハナミョウガなどが現れ、上部の乾きぎみのところではコガクウツギアキグミツクシアオイも見つかります。