Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > タカネマンネングサ

タカネマンネングサ (高嶺万年草)
Sedum tricarpum
 この名前を聞いたとき、不覚にもマンネングサに「高嶺」はあったかな、と思いました。この冠名は高山植物に多く、心当たりがなかったからです。でも同様のものはタカネオトギリ、タカネハンショウヅルなど、西日本に分布する種類がいくつかあり、このエリアでは千m級の山でも十分に「高嶺」なんだろうと納得しました。近畿以西に分布しますが、ここではウンゼンマンネングサとは住み分けていて、日陰のやや湿った岩場にありました。葉はさじ形で、長く伸びる花序で両種の区別は容易です。
■撮影地別
 ○長崎県平戸島


クローズアップ
■群落
2018.6.17 長崎県平戸島
2018.6.17 長崎県平戸島
Before Plant   Next Plant