Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > シロバナノヘビイチゴ

シロバナノヘビイチゴ (白花の蛇苺)
Fragaria nipponica
 シロバナノヘビイチゴはノウゴウイチゴと異なり、本州中部にだけに分布する野生のイチゴです。火山性の山を好むらしく、富士山の周辺や八ヶ岳ではとくに多くみられます。ノウゴウイチゴにくらべると、花茎は直立し、花弁は5枚あることや、葉の葉脈部分がくぼむことなどがわかりやすい区別点です。「ヘビイチゴ」と名はつきますが、花の色が違うことからもわかるとおり、同じバラ科であっても別属の植物です。ヘビイチゴとは異なって、赤いだけでなく小さくても甘い果実をつけます。
■撮影地別
 ○長野県八ヶ岳
 ○長野県八ヶ岳(果実期)
 ○静岡県富士山

クローズアップ

群落
1996.7.13 長野県八ヶ岳
        2006.8.1 長野県八ヶ岳
        2005.5.28 静岡県富士山    2012.7.16 長野県八ヶ岳
Before Plant   Next Plant