Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > オオナルコユリ

オオナルコユリ (大鳴子百合)
Polygonatum macranthum
 キリギリスの鳴き声を聞きつつ、ススキをかき分けながら阿蘇の草原を逍遥していたときに、突如現れたのがオオナルコユリです。茎に稜がなく、断面が丸いのはナルコユリと同じですが、高さ1.3mにもなり、葉のつけねごとに垂れ下げる花序につく花は大きく、長さ3cm前後あるのが特徴です。1つ1つの葉は大きいものは30cmもあり、ナルコユリとちがって葉脈が目立たず、のっぺりしています。重くしなだれたようすは、名前のとおり全体にサイズアップしたナルコユリという印象です。
■撮影地別
 ○熊本県阿蘇


クローズアップ
■群落
2018.6.9 熊本県阿蘇
2018.6.9 熊本県阿蘇
Before Plant   Next Plant