Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > ヒメムヨウラン

ヒメムヨウラン (姫無葉蘭)
Neottia asiatica
 かつて富士山の青木ヶ原を散策したとき、まだつぼみばかりのヒメムヨウランが生えているのに気づいたことがあります。その後しばらく見ませんでしたが、このときは亜高山帯の林床のあちこちで、マイヅルソウの葉をかき分けるようにして2〜3の花茎をのばしていました。本州中部以北に分布する従属栄養性のランで、高さは10〜20cmになり、5mmほどの小さな花をたくさんつけます。ランは子房が180度ねじれて唇弁が下向きになるのがふつうですが、ヒメムヨウランは上向きに唇弁がつきます。
■撮影地別
 ○山梨県三ツ峠山


クローズアップ
■群落
2009.6.7 山梨県三ツ峠山
2009.6.7 山梨県三ツ峠山
Before Plant   Next Plant