Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > マイヅルソウ

マイヅルソウ (舞鶴草)
Maianthemum dilatatum
 6月、尾瀬が新緑の季節を迎えるころ、樹林下ではマイヅルソウが白い花をつけます。マイヅルソウは尾瀬では登山口と尾瀬ヶ原や尾瀬沼を結ぶ登山道などで普通にみられます。この時期の至仏山はまだ積雪があり、花が咲くのは中腹までですが、この日、行けるところまでと思い足を向けると、名前のとおり、鶴が羽を広げたように2枚の葉をつけたマイヅルソウに出会いました。別の年の7月初め、富士山の5合目付近の砂礫地では、針葉樹のかげに群生するマイヅルソウを見つけることができました。
■撮影地別
 ○群馬県至仏山
 ○北海道夕張岳
 ○山梨県富士山
クローズアップ
群落
1995.7.8 群馬県至仏山
2006.7.8 北海道夕張岳 2000.7.1 山梨県富士山
Before Plant   Next Plant