Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > キイレツチトリモチ

キイレツチトリモチ (喜入土鳥黐)
Balanophora tobiracola
 この秋は、山あいでツチトリモチを観察した翌月、今度は海を見下ろす常緑樹林を訪ねると、トベラの根に寄生するキイレツチトリモチが見つかりました。九州と沖縄に分布し、鹿児島県の喜入町(現鹿児島市の一部)で発見されたことからついた名ですが、じつは長崎県で採取した標本が先に牧野富太郎博士のもとに届いていたものの、傷んでいたため、喜入町の標本が採用されたというエピソードがあります。花穂にポツポツと見られる白い部分が雄花で、雌花は花穂の中に隠れて見えません。
■撮影地別
 ○長崎県長崎市


クローズアップ
■群落
2017.11.3 長崎県長崎市
2017.11.3 長崎県長崎市
Before Plant   Next Plant 表紙によせて「キイレツチトリモチ」