Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ボタンヅル

ボタンヅル (牡丹蔓)
Clematis apiifolia
 8月下旬、東伊豆の国道を南に車を走らせていると、街路樹の植えこみにたくさんの白い花が咲いているのが目に入りました。さっそく車を止めて近づいてみると、街路樹が花をつけているのではなく、ボタンヅルが街路樹にかぶさってつるを伸ばしているものとわかりました。ボタンヅルは日本に自生するクレマチスで、同じ仲間のセンニンソウとよく似ていますが、センニンソウの葉は切れこまないのに対し、ボタンヅルでは細かく切れこむことや、花はやや小さいことで両者の区別は容易です。
■撮影地別
 ○静岡県伊東市
 ○東京都高尾山

クローズアップ
群落
1999.8.30 静岡県伊東市
Before Plant   Next Plant        1999.8.30 静岡県伊東市
“特選”Photo Gallery「ボタンヅル」
2014.8.15 東京都高尾山