Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > タマガワホトトギス

タマガワホトトギス (玉川杜鵑草)
Tricyrtis latifolia
 中央アルプスの木曽駒ヶ岳はロープウェイで一気に2,500mまで登ることができ、気軽に高山植物に触れられる山ですが、夏の観光シーズンともなるとロープウェイは順番待ちで何時間も待たされることもめずらしくありません。この日、ロープウェイ駅での待ち時間を活用して周囲を散策していると、タマガワホトトギスが黄色の花を咲かせているのに出会いました。タマガワホトトギスは、ホトトギスの仲間ではもっとも奥深い山中まで生え、そのせいか花期は8月と他の種類に比べると早いのが特徴です。
■撮影地別
 ○長野県木曽駒ヶ岳
 ○岩手県早池峰山

クローズアップ
■群落
1999.8.8 長野県木曽駒ヶ岳
2006.8.6 岩手県早池峰山
Before Plant   Next Plant