Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > ネバリノギラン

ネバリノギラン (粘り芒蘭)
Aletris foliata
 ユリ科の高山植物には目立つ花をつけるものも多い一方で、中にはこのネバリノギランのように地味な花をつける植物もあります。ネバリノギランは湿った草地などで普通に見られますが、花は開花している状態でも閉じて見えるため、その花の色と相まってあまり登山客の目をひくことはありません。この日、喧噪を避けて、南龍ヶ馬場から室堂に向かうトンビ岩コースを選び、登山道の左右に咲く写真を撮りながら登っていくと、他の植物に隠れるようにしてネバリノギランが咲いていました。
■撮影地別
 ○石川県白山


■クローズアップ
■群落
Before Plant   Next Plant 2002.8.25 石川県白山