Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > ホソバテンナンショウ

ホソバテンナンショウ
(細葉天南星)
Arisaema angustatum
 ホソバテンナンショウは箱根や富士山に多いテンナンショウで、5月ごろにこのあたりの山に登ると、樹林下のところどころで葉を広げ、花を咲かせているのを見かけます。分布域はこの仲間としては広いほうで、関東地方から近畿地方まで分布します。マムシグサに似ていますが、名前のとおり小葉が細めなことのほか、仏炎苞が緑色で葉よりも高くなること、仏炎苞のなかからのぞいている「付属体」と呼ばれる部分の先端がマムシグサのように棍棒状に太くならず、ほっそりとしていることが特徴です。
■撮影地別
 ○神奈川県箱根


■クローズアップ
■群落
Before Plant   Next Plant 1995.5.3 神奈川県箱根
              “特選”Photo Gallery「ホソバテンナンショウ」