Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > ハマカキラン

ハマカキラン (浜柿蘭)
Epipactis papillosa var. sayekiana
 ラン科は、種類が多いわりに海岸に生えるものは少なく、ハマカキランのほか、クゲヌマランオキナワチドリくらいしか思い当たりません。どれも希少ですが、その中ではハマカキランはまだ数が多いほうで、本州太平洋側の愛知県以北に分布し、海岸のクロマツ林に生えます。湘南海岸でも、砂防用の松林で少ないながらも見つかります。カキランの海岸型ではなく、エゾスズランの変種ですが、母種は標高の高いところに生えるのに、どうして海岸に進出したのか不思議です。
■撮影地別
 ○茨城県
 ○神奈川県藤沢市

クローズアップ
■群落
2008.6.22 茨城県
2006.6.25 神奈川県藤沢市
Before Plant   Next Plant