Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > ハチジョウススキ

ハチジョウススキ (八丈薄)
Miscanthus condensatus
 関東以西の海岸には、茎が太く葉の幅が広い、全体に豪壮な印象のススキがあり、別種のハチジョウススキとして区別されています。三浦半島でもふつうにありますが、以前、この時期に訪ねたときは、両種のちがいを認識せずに見ていました。このときは、葉の裏が白っぽい、茎にはりつく筒状の葉鞘から葉身に変わるところにある「葉舌」に毛がないといった識別点もチェックすることができました。あとでススキをあらためて見ると、ハチジョウススキより明らかに葉が細長いとはっきり感じました。
■撮影地別
 ○神奈川県横須賀市


■クローズアップ
■群落
Before Plant   Next Plant 2005.10.10 神奈川県横須賀市
“特選”Photo Gallery「ハチジョウススキ」