Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > サンカクヅル

サンカクヅル (三角蔓)
Vitis flexuosa
 ぶどうというと、大きな果実を房なりにした栽培品種が思い浮かびますが、近縁の野生種がいくつかあり、ヤマブドウは栽培もされてワインに利用されるものの、ほかの種はあまり目を向けられません。サンカクヅルはつる性落葉木本で、ぶどうとちがって雌雄異株のため、雄株と雌株が近くにないと花粉が雌花につかず、果実もなりません。1つ1つの果実は直径7mmほどで黒く熟し、コンパクトながらぶどうらしい形となります。葉が切れこまず、三角形をしていることからこの名があります。
■撮影地別
 ○長崎県長崎市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2018.4.22 長崎県長崎市