Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > マキエハギ

マキエハギ (蒔絵萩)
Lespedeza virgata
 ハギというと、紫色の花を咲かせるイメージがあるものの、イヌハギやネコハギのように白い花のものも多く、マキエハギもまたその1つです。高さ60cmほどの小低木で、花のサイズは4〜5mmと小さく、パラパラとした花つきですので、この仲間としては地味な印象ですが、花の中心部のわずかな紅色がワンポイントとなっています。「蒔絵」は金粉などで漆器に描かれる絵模様のことで、さかんに枝分かれして葉や花をつけるようすが蒔絵を連想させることからついた名前なのでしょうか。
■撮影地別
 ○長崎県諫早市


クローズアップ
■群落
2018.8.20 長崎県諫早市
2018.8.20 長崎県諫早市
Before Plant   Next Plant